本科講座5 仕訳(値引、返品他)

本科講座5では複数の勘定科目の仕訳や値引、返品の仕訳を学習します。

 

■PDFのダウンロードはこちら

本科講座 5仕訳(複数勘定科目の仕訳・値引・返品)

ねらい 複数の勘定科目の仕訳をマスターする。実際の仕訳帳の形式を学習する。

 

 ここまで、いくつかの仕訳を学習してきましたが、借方・貸方の勘定科目は1科目ずつでした。しかし、実際の取引では仕入代金の一部を現金で支払って、残りは掛取引という場合もよくあります。この場合の仕訳方法を考えてみましょう。一つの取引で2つ以上の勘定科目が出てくる場合には、下記のように仕訳を行います。

 

30501

 

 

 商品を仕入れたので、借方に仕入50,000円を記入して、貸方に現金30,000円と買掛金20,000円を記入します。下記のようにはなりませんので、注意しましょう。

 

借方 仕入 30,000  貸方 現 金 30,000

借方 仕入 20,000  貸方 買掛金 20,000

 

このように、仕訳では借方の行数と、貸方の行数が一致しないこともありますが、かならず左右の合計は一致します。

 

30503

 

【値引・返品】

 せっかく売上をあげても、商品を値引きや返品する場合があります。値引とは、商品の販売価格を下げることをいい返品とは品違いや数量違いなどで、商品を返すことをいいます。どちらの場合もいったん書いた仕訳を訂正するのではなく、金額の修正するために仕訳を新たにします。また、返品は試験では戻し高(戻し入)といわれる場合もあります。

 

30502

 

30504

 

 


  • 多くの人が訪れていただいてます

  • 引っ越し前の「簿記の館」から数えて既に100万カウントを達成しました。m(__)m